設置費用

いまが最大のチャンスかもしれない

原発停止や発展途上国などの石油需要増加などで、エネルギーを取り巻く環境は岐路に立たされています。そんな中、再生エネルギーの必要性が認知され始め、あらゆる分野で活況を見せています。 再生エネルギーの代表格と言えば、やはり太陽光発電でしょう。地熱や風力などとちがい、一般家庭でも電気を作り出すことが容易で、実際太陽光発電を取り入れている家庭は、ここ数年右肩上がりが続いています。自治体でも補助金を出すところがあるなど、官民ともに盛り上がっており、太陽光発電システムを導入するチャンスはいまが最高のときかもしれません。 太陽光発電のメリットは自己で電気をまかなえるだけでなく、余剰電力を売ることができる点があげられるでしょう。

費用を選ぶか効率を選ぶか

太陽光発電システムを取り入れるには、専門の設置業者に依頼する必要があります。費用は太陽電池モジュールの種類によっても変わってくるため一概には言えませんが、平均で見るとおよそ130万から150万円ほどの費用になっています。設置費用は全体的に右肩下がりになっており、需要の増加と安価なモジュールが販売されているのがその理由とされています。 安いモジュールは発電効果が低いものが多く、一方高いモジュールは発電効率が良いというのが一般的です。発電効率が高いほうが、設置費用を早い段階で回収することができます。長い目で見たときにどちらが得となるかは、今後の電気料金の単価や買取価格の変化で変わってきます。 モジュールやパワーコンディショナにも寿命があるという点も考慮に入れておく必要があるでしょう。