パネルについて

ソーラーパネルの金額の傾向について

太陽光発電で使用される太陽光発電パネルはメーカーやパネル自体の性能(発電効率)によって異なります。 一般家庭で使用される4kWから6kW程度の積載容量のものでパネルの費用とそれにかかる標準工事費を合わせたものの平均額は2015年3月の時点でおよそ250,000円から320,000円前後となっています。しかし、最近では発電効率がよく性能が上がっているにも関わらずソーラーパネル自体の作成コストが下がって新商品の法が価格が安くなっている場合もあります。新商品が出る前には現行モデルでも価格が安くなることもありますので常に相場をチェックしながら欲しいソーラーパネルを選ぶことで初期費用を安く済ませることができます。

太陽光発電を設置する時にかかる初期費用は年々下がってきている傾向にあります。開発技術が進み、安いコストで高性能のソーラーパネルが作成できるようになっていることが要因だと考えられます。最近では海外の安いメーカーが販売進出してきたことで国内の主要メーカーもさまざまな努力をしています。製造拠点を海外に移して人件費にかかるコストを削減して商品価格へ反映させたり性能を少し落とした廉価版の製品を販売し始めたことも市場の平均価格を下げる要因となっているようです。 太陽光発電は設置にかかる費用が高額だったため導入を控えていた人も、市場価格が安定し低価格となってきていることで導入しやすくなるでしょう。さらに市場がもりあがることでより購入しやすくなることも考えられます。